ファインダー

0

    JUGEMテーマ:カメラ

    今まで使っていた古い一眼はファインダーを通して撮影する

    機構でした。しかし今回購入した一眼はファインダーが無く、

    結構大きなディスプレイを見て撮影するというもの。

    明るい中の撮影ですとそのディスプレイが良く見えない。

    反射やら光量やら。

    そこで別売りのファインダー購入。勿論中古。

    GR050453.JPG

    こいつがなかなかにお利口。ファインダーを覗くとファインダーモード、

    覗かないとディスプレイモードと自動切換え。画像も勿論デジタル表示で鮮明。

    良い買い物でした。新品で購入すると小さいカメラなら買えるほどの値段ですが

    中古ですので半値以下。それでも痛い出費ですが、10年使うと思えば安いものです。

    現在製作中の作品撮影に威力を発揮しそうです。

     


    新たなる相棒

    0

      JUGEMテーマ:カメラ

      12年使ったNikon D70が引退したので新たなる一眼を入手。

      勿論まともな値段のものではなく格安を血眼で探し出しました。

      GR050047.JPG

      今回はミラーレス一眼。通常のものより一回り小さいのがGOOD.

      別売りのマウントを付ければ通常の一眼レンズも装着可能とのこと。

      ・・・が残念ながらNikonではないのでそんなレンズは持ち合わせていません。

      急いで機能を習得して近々ある運動会で活躍させないといけません。

       

      ミラーレス一眼の良い処は小さい処。胸から下げても気にならない重さ。

      ボディーが小さければレンズも小さい・・・でもズームは凄い。

      個人的にはオススメです。

       

      いまはフルボディーカバー(シリコン)が存在するので傷の心配が減りますね。

      私も装着しました。なのでメーカーも機種名もなかなか判断つきません。

      さて何処の何の機種でしょうか・・・。


      カメラの寿命

      0

        JUGEMテーマ:カメラ

        買ってから12年程経過した一眼レフカメラが、かなり時代遅れである

        ことに薄々は気付いていたが、やはり引退の時期を迎えたと感じた。

        GR045188.JPG

        Nikon D70という機種だが2004年に買ったと記憶している。

        仕事に使うので奮発した。

        GR045189.JPG

        人生で一番元を取ったと思える物がこのカメラ(奥さんも異議なし)。

        特に仕事では頑張ってくれた。

        子供の運動会などでも活躍。

        でも気付いてしまったのです。別に使っている28mm単焦点カメラとの画質の

        激しい違いに。2004年当時は唸るような凄い画素数であったこのカメラも

        完全に時代遅れ(600万画素)。今は2400万画素以上が沢山存在・・・。

        仕方が無いので引退です。中古でも売れないようなので屋根裏部屋行きに。

         

        まだまだ運動会やら発表会など子供の行事が続くので一眼は欲しい・・・。

        でも当時と違い高価なカメラを買う理由も無いので安いのを探そう。

        28mm単焦点カメラはズームなど無いし、動きの速いものには向かないので

        やはり一眼がいい・・・。

        デジタルものを12年使ったのは初めてかもしれませんが、これからは

        そうは行かない時代かもしれません。調べたら2000万画素&Wレンズセット

        で3万円台のカメラもありました。勿論有名メーカー。

        時代の流れを感じてしまうオッサンでした。

         

         

         


        カメラストラップ

        0
          JUGEMテーマ:★カメラLife★
          以前カメラストラップをパタゴニアのベルトで作った。↓これ。
          patapiece1.jpg
          でもそいつはパタゴニアのバッグ専用に使われるように。
          なんだかカメラを胸に下げるのは、某国の買い物客のよう。
          若しくはバブル前後の日本人の海外旅行の様な感じでちょっと。
          決して馬鹿にしてるわけでは無く今風に見えないと勝手に
          思っているだけ。
          普段カメラは専用の小さいポーチをカラビナを使って
          ジーンズのベルトループから下げている。
          しかし何回か出し入れするには至って不便。
          そこで探したのがストラップの長さを変えられるストラップ。
          R0043405.JPG
          胸の前に下げるのは勿論、何と言っても斜め掛けが出来る逸品。
          これは撮影係のお父さんには至極便利。
          ワンタッチでかなり伸びます。
          観光地で大活躍間違いなし。正直ダサくもない。
          ビームスで購入出来ます。

          アップデート

          0
            JUGEMテーマ:★カメラLife★
            大切にしているカメラのファームウェア(PCで言ったらOSみたいなものかな?)のバージョンがちょっと気になり調べてみた。オフィシャルサイトを見てみたら最後のアップデートが去年の6月で、カメラを購入したのが去年秋だったので勝手な期待で最新バージョンになっていると思い込んでいた。そのカメラのガイドブックにバージョンの調べ方やアップデートの仕方が書いてあったので調べてみた。結果バージョンは2つ前の古いもの。少々ビックリしながらなんとか最新バージョンに。エフェクトが2つも増えたり様々な更新がされていて嬉しくなった。でもそろそろ最新機種が出るんだろうな。でも一生手放さないであろうカメラに出会えたのは幸運の一言に尽きる。ちなみに先日キジを撮ったカメラはそのカメラではなく、仕事用に買った10年前の古い一眼。そこらのスマホやガラケーより画素数が少なく本当に画質が劣っている。ただ望遠レンズが凄いので使っているだけ。

            下のカメラはその10年前の一眼。高かったなぁ。でも仕事で使い切った感があるので良い買い物でした。
            d70.jpg

            作品撮影

            0
              JUGEMテーマ:★カメラLife★
              私の作品は完成後写真を撮らないと本当の完成とはならない。印刷物にしろ何にしろまずは写真で提出。ですので撮影は大変です。写真の出来次第で作品の良し悪しが決まってしまう。スキャナーでビーッと、という訳にはいかない。ですので作品撮影は本当に気を使う作業となります。個展でプロの写真家さんと知り合ったのでお願いしたいが、予算の関係でお願い出来ないでいる。悲しい・・・。で撮影で活躍するのが下の三脚。なんといっても床に置いた作品が撮影出来るのです!これは便利。素晴らしい!フラッシュは使わないので手振れが起きたら大変。ですので三脚は必要不可欠。あとリモートシャッター。通販店さんなんかも商品撮影に使えるのではないでしょうか。この三脚はオマタが新体操の選手並みに開きます。私の様なカメラ素人が買うには少々高かったのですが、値段に見合う活躍!というグッドな三脚でした。
              sankyaku.jpg

              フェイスブックが繋がらない

              0
                JUGEMテーマ:ひとりごと
                突然フェイスブックが繋がらなくなった。結構依存している自分に気付いた。
                face001.jpg
                世界中で繋がらないらしい。そんなニュースが早速出ていた。早い復旧を望む。

                ◎仕事の合間にカメラのストラップ(首からカメラを下げる時使う)を作った。パタゴニアのベルトを使って作ってみました。かばん等のショルダーベルトをネットで安く買って部品取りに使います。
                まず糸切でベルト、ショルダーベルトを分解します。その際、ショルダーベルトの構造を頭に入れておくと後で困らない。
                ショルダーベルトの部品と元々のパタゴニアの部品を使って縫い付けます。この際ミシンの針は14号がおススメ。かなり固い素材の為細い針は危険。長さ調整の部品はパタゴニアベルトの物を使うとカッコいい(マークが入ってますので)。で完成したのが下の写真。
                patapiece1.jpg

                patabelt3.jpg
                最後に外しておいたパタゴニアのタグを縫い付けて完成です。
                元々タグはベルトの裏に付いていて勿体ないので表に付けてあげます。
                長さ調整部品、タグ共に上下がありますので注意が必要。
                パタゴニアベルトは全く切断しませんでした。元々切断面が熱で溶かすという加工がなされていた為、切断するとパラパラと解れてしまうと推測しました。
                patapiece2.jpg
                全部で2500円位で出来ました。所用時間15分。最近見た雑誌にチラッと掲載されていたのをマネしてみました。パタゴニアファンの工作でした。


                ・・・とベルトネタを書いていたらフェイスブック復旧してました。ヨカッタ、ヨカッタ!
                 

                | 1/1PAGES |